8月 4 2017

お盆も通常営業致します。

お盆期間中も通常営業致します。

※8月11日(金)は祝日の為、定休日となります。


7月 28 2017

岡山県産ピオーネが入荷致しました。

ピオーネ(イタリア語で開拓者という意味)は、黒い真珠とも呼ばれ、粒が非常に大きく食べ応えがあるブドウです。
粒は巨峰よりやや大きく、爽やかなマスカットに似た香りで、風味豊かです。

これからの暑い季節は、この強い甘さとそれを支える酸味を兼ね備えるピオーネでフローズンカクテルなんていかがでしょうか?


7月 21 2017

季節限定のカクテル

暑い季節になり、いよいよ夏の到来です。

今年も甘くてみずみずしい白桃が入荷しています。

シャンパンをベースに使ったベリーニや、果肉をふんだんに使ったフローズンでも美味しくいただけ、お好みに合わせた様々な愉しみ方があります。

是非この機会に・・・


7月 14 2017

パルタガス コロナゴルダ アネハドス(PARTAGAS CORONAS GORDA ANEJADOS)

2016年に販売開始された、『ハバノス アネハドスシリーズの第四弾』

パルタガス コロナゴルダ アネハドス(PARTAGAS CORONAS GORDA ANEJADOS)シガーバー

 

“ANEJADOS“は”熟成した“という意味で、5年から8年間キューバ国内で保管・熟成され、パルタガスのオフィシャルラインにはない、アネハドスのためだけに特別に作られた貴重な葉巻です。

パルタガスらしい個性的な味わいとビンテージらしい繊細さを兼ね備え、喫煙時間約60分と気軽に吸えるサイズになっています。

これからの暑い季節は、バーベキューのアフターシガーとして野外でも美味しく吸えると思います。もちろん、バーでゆっくり吸うのも贅沢な時間でいいですね。

ぜひこの機会にお愉しみください。


7月 7 2017

2017年の春に行われたクラブスーペルノーバの写真を公開いたしました。

2017年の春に行われたクラブスーペルノーバの写真を公開いたしました。
至福の煙と音楽の夜。

メンバーのみが楽しめるクラブスーペルノーバは、大阪で2006年からはじまりました。ラテンライブでサルサダンスを踊り、お酒と至福のシガー(葉巻)でキューバへと誘う淑女紳士のためのパーティです。


7月 1 2017

ヴェゲロス エントレティエンポス(VEGUEROS ENTRETIEMPOS)

ヴェゲロとはスペイン語で農家という意味で、1996年に誕生した葉巻ブランドです。

わずか16年という短い期間(2012年)で、リリース全ての葉巻が製造中止になっていました。

ところがその2年後、現代風なデザインになり2014年に再び、3種類のヴィトラで戻ってきました。

今回ご紹介するのはヴェゲロス エントレティエンポス(VEGUEROS ENTRETIEMPOS)です。

シガーバー

リングサイズが52で、モンテクリストのペティ・エドムンドと同サイズになります。

かすかな甘さがありと程よい強さがあり、時折感じるハーブの様なさわやかさも・・・

食後に紅茶や中国茶合わせるのもいいかもしれません。もちろん、ハードリカーやカクテル等のアルコールでも。

 

ぜひこの機会にお愉しみください。


6月 23 2017

ヴェゲロス マニャニタス(VEGUEROS MANZNITAS)

ヴェゲロとはスペイン語で農家という意味で、1996年に誕生した葉巻ブランドです。

わずか16年という短い期間(2012年)で、リリース全ての葉巻が製造中止になっていました。

ところがその2年後、現代風なデザインになり2014年に再び、3種類のヴィトラで戻ってきました。

今回ご紹介するのは、吸い口が尖ったトルペド型タイプの葉巻、『ヴェゲロス マニャニタス VEGUEROS  MANANITAS』

リングサイズが46とやや太めですが、新しく発売された3種類の中では一番小さいサイズです。

喫煙時間は40分程度になっていますので、短時間で葉巻を愉しみたい方にはおススメ‼

以前紹介させて頂いた2本と違いスパイシーでウッディ、中盤から後半にかけてフルボディになっていきます。

新ヴェゲロス3種類の吸い比べなんて、いかがでしょうか?

 


6月 16 2017

じわじわとブームになりつつあるリキュール コカレロ Cocalero

今、世界でブームになりつつある薬草系リキュール『コカレロ COCALERO』

核となる原材料はなんとコカの葉‼ そうです‼ あの”コカ”です‼

合法なのか・・・・非合法なのか・・・・麻薬成分は除去してあるので、もちろん合法です‼

現在、麻薬であるコカインの原料になるということから、全世界的に栽培の撲滅が提唱されてますが、コカはアンデス文化の中心でもあり、地元の食事、文化に不可欠のものだそうです。

コカレロは、アンデス山脈奥地のジャングルでコカの栽培を生業とするCocaleros(伝統あるコカの葉の栽培者)にちなみ名付けられました。

コカの葉は、最低でも18ヶ月以上育った最上級の葉のみを使用し、コカの葉以外に、アマゾンガラナ、ジンセン、ミント、生姜、緑茶等・・・社外秘レシピ16種類の植物とブレンドし造られた高級リキュールです。シガーバー
ジンに似た香りや、ミントの様な爽やかな香り、少しピリッとするコカの葉とチリの感覚はくせになる味わいです。

飲み方は、ストレートロックはもちろん、コーラ割りや炭酸割もおすすめです。

中でも、キューバカクテルの代表モヒートのベースであるラム酒をコカレロに変えた、アンデスモヒート(Andes Mojito)は、これからの話題になるかも!?

この機会に是非お試しください。


6月 9 2017

Google お店フォトに掲載されています。

スーペルノーバの店内が、「Google お店フォト」でご覧いただけます。
Google ストリートビューの屋内版で、360度パノラマ。
画面中央付近に出ている白い「^」マークをクリックしてみてください。
お店の中を実際に歩いているかのような体験ができます。


大きな地図で見る


6月 3 2017

ARDBEG KELPIE(アードベッグ ケルピー)

深い余韻に引き込まれるARDBEG KELPIE(アードベッグ ケルピー)

世界で最もピーティーかつスモーキーな風味で人々を魅了する、アイラモルトウィスキー”アードベッグ”は、スコットランドにある海に囲まれた小さな島、アイラ島で1815年に誕生しました。

今回入荷したのは、2017年限定商品『ケルピー』です。

アードベッグを育んだ海に敬意を払い、アイラ島を囲む海に住むと言い伝えがある伝説の海の精“ケルピー”にちなんで名づけられました。

2017年6月3日(土)の『アードベッグデ―(アイラ島では毎年5月最終週~6月第1週にかけて、ウイスキーの祭典「アイラ・ウイスキー・フェスティバル」が開催されます。この祭典の最終日を飾るのがアードベッグです。この日を「アードベッグ・デー」と定めています)』にて初めてお披露目されました。

アードベッグ史上初、黒海(アディゲ共和国)産のヴァージンオークで作られた樽を使い、原酒を熟成させたのちにその原酒と、バーボン樽で熟成した原酒をヴァッティングしています。

アードベッグらしい力強いオイリーなピートの香り、かつスモーキーな風味を最大限に引きだたせたこのウィスキーは、飲む人を魅了し、黒海の如く深い漆黒の闇に誘います。