4月 16 2018

グレンフィディック15年(Glenfiddich15years)

グレンフィディックはスコットランド・ゲール語で「鹿の谷」を意味し、そのためグレンフィディックのボトルには牡鹿のシンボルが付けられています。
世界一の売り上げを誇るシングル・モルト・ウイスキーであり、インターナショナル・スピリッツ・チャレンジで最も多くの受賞を勝ち取ったシングル・モルト・ウイスキーです。

グレンフィディック15年の味わいは、シェリー樽・バーボン樽・新樽の3つの個性的な樽で熟成されることで生み出されます。その原酒をシェリーの製法と同様のソレラシステムで熟成。このソレラ樽は決して空にされることはなく年々、複雑で豊かな円熟味を増した味わいを生み出しています。
当店のキューバシガーと世界を誇るウイスキーで癒されてはいかがでしょうか?


4月 9 2018

パイレート(PYRAT)

高品質テキーラ『パトロン』で知られるパトロン社が造るラム酒です。品質の高いラムの生産地として名高いカリブ諸国の優れた樽熟成原酒、あえて単式蒸留器で蒸留された原酒をブレンドするこだわりの逸品。フランスのリムーザン産オーク樽と、甘い香りをもたらすように内面を特殊な方法で焦がしたアメリカンオーク樽で再熟成しています。


「PYRAT」は「PIRATE(パイレーツ・海賊)」の古英語表記だそうです。
ボトルはこの名にちなみ、1800年代に海賊たちが使用していたラムの入れ物をイメージして、1本ずつ手吹き作業により製作されています。中身もさることながら、ボトルの製法にまでこだわっています。
極めて柔らかく、まろやかな口あたり、食後にストレート、ロック、もちろんカクテルにも幅広く活躍する事間違いなしです。是非この機会にお愉しみ下さい。


3月 30 2018

トロワ・リビエール オーマン 1999(Trois Rivieres Oman 1999)

カリブ海に浮かぶマルティニーク島はフランスの海外県にあたります。その島の南部、海岸沿いを走る道沿いにトロワ・リビエール蒸留所は建っています。トロワ・リビエールとはフランス語で「3本の川」を意味し、自社農園の中を流れる3本の川に由来しています。通常のラムと異なり、フランスのAOCで規定されたアグリコール製法(サトウキビから絞られた糖液を発酵して蒸留する製法)で作られるそのラムは、比類なき柔らかな芳香と味わいを持ち、マルティニーク島で最も人気の高いブランドの一つです。


トロワ・リビエールの自社畑は、大きく分けて4つの区画に分けることができます。この区画はそれぞれに「セロン」、「ピメンタード」、「オーマン」、「シブラン」という名前がついており、テロワールもそれぞれに違うため、収穫できるサトウキビも異なった味わいのものです。
こちらの商品は、果樹園に囲まれているため、収穫されたサトウキビもフルーティな味わいに。甘みの強い、まさにトロピカルフルーツのニュウアンスが特徴です。是非ご賞味ください。


3月 23 2018

祝13周年

お陰様をもちまして、スーペルノーバ淀屋橋店は13周年を迎えることができました。これもひとえに皆様方のご愛顧、ご厚情の賜物と心より御礼申し上げます。

つきましては、3月26日(月)〜30日(金)の5日間は、マッカランダブルカスク12年のボトルキープを、特別な価格にてご用意させていただきます。
スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ちしております。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


3月 16 2018

スパイテイル ブラックジンジャーラム(SPYTAIL BLACK GINGER RUM)

美肌効果などで注目を集めている天然の生姜をスパイスとともにブラックラムに漬け込んだ、世界初のジンジャー・ラム。
フランス・コニャック地方にある蒸留所でつくられているスパイテイル。蒸留所の近くで世界初の潜水艦が建造され、近くを流れるシャラント川でテスト潜水が行われました。

これらの潜水艦は、ジュール・ベルヌ著「海底二万里」のモチーフにもなっておりスパイテイルの名は、その潜水艦の設計図の名からとられているそうです。
カクテルにも十分使えるジンジャー・ラムです。是非ご賞味ください。


3月 9 2018

クラブスーペルノーバ 2018

今年もシガー&サルサのパーティー「クラブスーペルノーバ」を開催いたします。
至福の煙と音楽の夜。

ラテンライブを聞きながら食事とシガーを楽しみサルサを踊る。そんな素敵な夜をドレッシーに過ごしてみませんか?

メンバーのみが楽しめるクラブスーペルノーバは、大阪で2006年からはじまりました。
ラテンライブでサルサを踊り、お酒と至福のシガー(葉巻)でキューバへと誘う淑女紳士のためのパーティーです。

詳しくは、シガーバー スーペルノーバ「北新地店」「淀屋橋店」 ご来店時にお尋ねください。
本サイトでは、「クラブスーペルノーバ」の様子がご覧いただけます。

ご興味のあるお客様は、是非お問い合わせください。


3月 2 2018

マイタイ ( MAI TAI )

マイタイとは、ラムをベースとしたカクテルです。「トロピカルカクテルの女王」とも呼ばれています。
マイタイとは、タヒチ語で「最高」という意味で、名前の由来は1944年サンフランシスコでレストランオーナーのビクター・J・バージロンという人物が考案し、彼が友人に(タヒチ出身)に出したところタヒチ語で「MAI TAI(最高)」と言ったところから名付けられています。

ホワイトラムの甘い香りとパイナップルやレモンの組み合わせが絶妙で、トロピカルカクテルの女王と呼ばれるにふさわしいカクテルです。


2月 23 2018

XYZ

ラム、コアントロー、レモンジュースのショートカクテルです。
XYZがアルファベットの最後であることから、「これ以上良いものは無い究極のカクテル」「これ以上のものは作れない究極のカクテル」という意味合いが込められているともされています。他にも、「もう後が無い」「最後の」といった意味が込められているとする説や、「今夜はこれで終わり」という意味で寝酒を表すという説もあります。あの有名なアニメ「シティーハンター」「名探偵コナン」にも登場します。

レモンのさわやかな酸味と甘く苦いコアントローの味が一つに溶け合い、ラムを優しく包み飲み口のよさで誰にでも好まれる、白い色が美しいカクテルです。
究極のカクテルと葉巻をお愉しみください。


2月 16 2018

SELVAREY CACAO(セルバレイ カカオ)

ラム酒好きで知られるアーティストのブルーノ・マーズがこだわりのあまり出資し自身が手掛けたラム酒。
世界3大ラムカルチャーをバックグランドに持ったブルーノ・マーズが
ラム愛好者3人とタッグを組んで造り出したパナマ産・プレミアムラムこそが「SELVAREY(セルバレイ)」です

バーボン樽で3~5年熟成させて作られた程よい甘みが特徴的で
チョコレートシロップやスパイスを混ぜたような独特の味わいが楽しめます。
ブルーノ・マーズはロックやジンジャーエールで割る飲み方が好みだそうです。


2月 9 2018

デコポン(不知火)

長崎県にある農林水産省果樹試験場において、1972年に「清見」と「中野3号ポンカン」を掛け合わせて誕生した柑橘です。「デコポン」は愛称で、「不知火(しらぬひ)」が品種名です。「デコポン」という名前は、「ポンカン」の改良種であることと、へた部分にでっぱりがあることから、名付けられました。

誕生した当初は、見た目があまりよくなかったため、特に注目されず品種登録もされませんでしたが、育成地に近い熊本県宇城市不知火町で栽培が普及。 食味のよさとユニークな姿から1990年代以降、人気柑橘の1つとなりました。「不知火(しらぬひ)」という品種名はこの町の名前が由来です。
甘みが強く、ほどよい酸味があり濃厚な味わいで、カクテルとの相性も抜群です。
ぜひご賞味ください。