2月 9 2018

デコポン(不知火)

長崎県にある農林水産省果樹試験場において、1972年に「清見」と「中野3号ポンカン」を掛け合わせて誕生した柑橘です。「デコポン」は愛称で、「不知火(しらぬひ)」が品種名です。「デコポン」という名前は、「ポンカン」の改良種であることと、へた部分にでっぱりがあることから、名付けられました。

誕生した当初は、見た目があまりよくなかったため、特に注目されず品種登録もされませんでしたが、育成地に近い熊本県宇城市不知火町で栽培が普及。 食味のよさとユニークな姿から1990年代以降、人気柑橘の1つとなりました。「不知火(しらぬひ)」という品種名はこの町の名前が由来です。
甘みが強く、ほどよい酸味があり濃厚な味わいで、カクテルとの相性も抜群です。
ぜひご賞味ください。


2月 2 2018

ベイリー・ニコル・ジャーヴィー ( Bailie Nicol Jarvie)

ベイリー・ニコル・ジャービーは、サー・ウォルター・スコットの小説「ロブ・ロイ」に登場する人物のことで、頭文字をとってB.N.Jと呼ばれる事が多いスコッチウィスキーです。
長い間幻となっていたましたが、1994年に復刻され近年流通量が非常に限られており入手が難しくなっている銘柄でもあります。
オリジナルが19世紀末から20世紀初頭にかけて起きた南アフリカの支配をめぐってイギリス人とボーア人が争ったボーア戦争の頃に作られていたようです。今回、ご紹介するのは1994年に限定復刻されたベイリー・ニコル・ジャービーです。

モルトの比率が60%となっており、キーモルトはグレンマレイ。そこにハイランド、ローランド、アイラの6年以上熟成した9種類のモルトとノース・ブリティッシュ蒸溜所のグレーンをブレンドされています。
甘さと辛さのバランスが良く、舌でじっくり味わいたくなる奥深さがあります。ぜひご賞味ください。

 


1月 26 2018

バレンタイン ボトルフェア(Valentine bottle fair)

『バレンタインデー限定特別ボトルキープフェア』
2月6日(火)~2月28日(水)迄、特別価格にてボトルキープさせて頂きます。


期間中、ボトルキープされたお客様には、北海道で有名なショコラメーカーの『ロイズ』特製、バランタイン17年を使用した生チョコレートを1箱プレゼントいたします。※チョコレートのプレゼントはなくなり次第終了致します。

是非この機会にボトルキープをされてみてはいかがでしょうか?

 

 


1月 19 2018

デュポン カルヴァドス VSOP(Dupont Calvados Pays d’Auge VSOP)

ペイドージュ地区に約27ヘクタール、6000本のりんごの樹を所有し、その収穫からボトリングまで、全てをデュポン・ファミリーが管理している歴史のある家族経営のブランド「デュポン」。そのカルバドスは、世界中の高級レストランやバーや、フランスで有名なタイユヴァンやトゥールダルジャン、また、ミシュラン3つ星レストラン、イギリスでは高級百貨店のハロッズやフォートナム&メイソンなども扱っています。

デュポンvsopは、熟成に年数を費やした品で、新樽で1ヶ月熟成させてから古樽に移し替え、最低4年、平均8~10年ゆっくり熟成させています。
内側を焦がしたオーク樽を使用し、新樽への移し替えを頻繁に行なうことにより、熟成が進むにつれ色も比較的濃くなっています。
フレッシュでバラを思わせるような香り、フィニッシュは心地よいリンゴの酸味が優しく包んでくれます。
カルバドスとシガーのマリアージュに癒されては、いかがでしょうか…


1月 12 2018

ヘネシー X.O リミテッドエディション 2017 BY マーク・ニューソン (Hennessy X.O Limited Edition by Marc Newson 2017

ヘネシーは、1765年創業。コニャック業界で最も売れているブランドのひとつです。
今まで樽売りしかしていなかったコニャックを初めて瓶詰めして販売し、コニャックのカテゴリーのひとつ「X.O(Extra Old)」もヘネシーが生み出しました。これは家族や友人たちのために作られた基準ですが、今では世界標準の基準になっています。
そのヘネシーXOとオーストラリア出身のデザイナー、マーク・ニューソン氏とコラボレーションして作られた限定デザインボトルです。

マーク・ニューソン氏は交通機関から彫刻作品、建築物まで多岐にわたる分野で、流線形や多様な色使いを特徴とするプロダクトデザインを世界中で制作しています。
このボトルデザインは、最も純粋なフォルムになるまでボトルを削ぎ落し、従来の葡萄と葉のモチーフを波状のレリーフとして表現し、光をとらえることでボトルと中身の両方を際立たせています。
モダンで斬新なデザインに生まれ変わったボトルを眺めながら、至高のコニャックとシガーを味わってみてはいかかでしょうか?


1月 5 2018

自家製 ザクロ酒

今回の自家製酒はザクロです。

ビタミンCが豊富に含まれるザクロは「肌をきれいにする」「むくみを改善する」といった女性にうれしい効能がつまった果実です。

寒い冬にはお湯割りなどのホットカクテルとして、また、炭酸割のザクロサワーもおすすめです。

是非この機会にお愉しみ下さい。


12月 15 2017

Christmas Champagne Free Flow (シャンパン飲み放題)

今年のクリスマスは葉巻の紫煙に包まれながら
シャンパンで贅沢な夜を過ごしてみませんか?

 

12月25日(月)限り


1970年に設立し伝統的な造りを大事にする、シャンパーニュ・クリスチャン・エティエンヌのスタンダード・キュヴェをお好きなだけフリーフロー(飲み放題)にてお愉しみ頂けます。

お一人様 5,000円(税別)・90分制

是非この機会に皆さまでご来店ください。


12月 8 2017

南水梨

今回入荷したのは、『南水梨』です。

梨のカクテル

長野県南信農業試験場で「新水」と「越後」を交配して生まれ、1990年登録された品種です。

南水の名前は当初、南信農業試験場の「南」と新水の「水」から付けられたそうですが、新水や豊水と並ぶ梨になってほしいという期待も込められているそうです。

南水は非常に糖度が高い品種で、果肉は白くしっかりとした歯ざわりをしています。

全体にまったりとした甘さを強く感じ、カルバドス(リンゴのブランデー)等と相性がいいです。寒い日はカルバドスを使ったホットカクテルでお楽しみください。

 


12月 1 2017

イチローズモルト ワインウッドリザーブ ICHIROS MALT WINE WOOD RESERVE

今回入荷したのは、流通量の少ないイチローズモルト。その中でも特に人気でなかなか出会えないワインウッドリザーブです。

勝沼のワイナリーで使用されていた国産ワイン樽の空き樽をウイスキーの後熟に使用したものです。

(樽材はフレンチオーク、マスカットベリーAとメルローを熟成していた樽を2種類使用)

かすかなタンニンを感じ、モルト100%ウイスキーが持つ華やかさと豊潤さに、フレンチオーク樽による個性が加わり、複雑な味わいが特徴です。

後味も赤ワイン樽のニュアンスが余韻として強く残ります。

1本限りの入荷となっていますので、是非この機会にお愉しみ下さい。


11月 24 2017

ハイランドパーク15年 ファイア・エディション HIGHLAND PARK FIRE EDITION

ハイランドパーク Highland Park は1798 年創業したスコットランド最北端(オークニー諸島)の蒸留所です。
200年以上も伝統と職人の技を守り続け、スコッチウイスキーではあまり使われることのない硬水を仕込み水とし、自社で切り出したピート(泥炭)を使用するなど独自の手法で造られており、世界中のウイスキー専門家や愛好家を魅了し常に高い評価を受け続けてきました。

今回入荷したのは、

ハイランドパーク ファイア・エディション HIGHLAND PARK FIRE EDITION

ファイア・エディションは、、世界限定 28,000 本のスペシャルリリースです。

2012年から発売開始となった『ヴァルハラ・コレクション(ソー・ロキ・フレイヤ・オーディン)』、2016年に発売した『アイス・エディション』に続くシリーズで、100%リフィルのポートワイン樽で熟成させており、ポートワイン樽の使用はハイランドパークとして初となります。

印象的な、真っ赤なガラス製のボトルは炎の巨人達が住む火の国をイメージしたデザインで、木製の漆黒のクレイドルに収められています。ボトル上部の円状のデザインは、生命のつながり、善と悪の戦い、世界の創造を意味しており、その世界は北欧神話に出てくるヘビに守られているとされています。

ダークチョコレートやシナモンを思わせる香り、ハイランドパークらしい酸味とポートワイン樽由来の甘みがほどよく絡み合い、奥行きの感じられる味わいになっています。

ぜひこの機会にお愉しみ下さい。