7月 19 2022

ザ・マッカラン ダブルカスク18年( The Macallan Double cask 18 Years Old)

ザ・マッカランは1824年に設立された伝統ある蒸溜所でつくられたシングルモルトウイスキーです。その馥郁とした香味から“シングルモルトのロールスロイス”とも評され、日本でも多くの方に人気です。


そのザ・マッカランからのシリーズ
ダブルカスクシリーズは、ヨーロピアンオーク材とアメリカンオーク材を使用した2種のシェリー樽原酒をヴァッティングした商品です。
これまで日本では12年のみが販売されていましたが
ザ・マッカラン ダブルカスク18年が数量限定で発売されました。
クリーミーで長く続く余韻が特長で、リッチな味わいです。


7月 10 2022

福岡県産 シャインマスカット

マスカットはブドウの一種であり、様々な種類がありますがシャインマスカットもその中の一つです。
「白南」と「安芸津21号」という品種を掛け合わせて出来た品種で、2006年に登録されたばかりの比較的新しい品種です。ハウス栽培のものは市場に出るのが早いので、大体毎年6月終わりごろになるともう出回るようになり7月半ばころまでがピークで、ハウス栽培でない露地のものに関しては、8月半ばごろから10月頭頃までがピークとなっています。

甘さが強く香りも良いので、マスカットの中でも特に人気の品種の一つとなっています。


7月 2 2022

碧Ao SMOKY PLEASURE(スモーキープレジャー)

世界をつなぐ美しい海の色“碧(あお)”をブランドカラーとし、世界5大ウイスキー産地の原酒をブレンドしたことにちなみ、五角形のボトルを採用し、ラベルは書家・荻野丹雪氏による英語の「Ao」の墨文字で世界の原酒と日本の匠の技の融合を表現されています。

サントリースピリッツのワールドブレンデッドウイスキー
「碧Ao」の限定品「碧Ao〈SMOKY PLEASURE〉」
サントリーが所有する 二つの国産ウイスキーを含むスモーキーモルト原酒
人気のアイラモルト「ボウモア」や「ラフロイグ」が今作スモーキープレジャーの原酒に選定されています。
この辺りがスモーキープレジャーの味の中核をなしています。

飲み方を問わず楽しめる万能なウイスキーで
それぞれの飲み方で見せる違った側面が飲み手を楽しませてくれます。


6月 25 2022

戸河内シングルモルトジャパニーズウイスキー (TOGOUCHI SINGLE MALT JAPANESE WHISKY)

世界遺産・宮島の対岸にある、広島県廿日市市桜尾に誕生した「SAKURAO DISTILLERY」

こだわりの広島県産原料を使用した純国産クラフトジンや、シングルモルトウイスキーをつくる、瀬戸内海の海辺に位置する蒸留所です。
戸河内の最大の特徴は熟成庫。 安芸太田町戸河内にあるかつて鉄道用として使われていたトンネルをそのまま熟成庫として利用しています。

トンネルの長さはおよそ800メートルほどで、一年中冷涼な風が通り抜け年間を通して温度、湿度が一定に保たれ 薄暗い熟成庫はウイスキーの熟成に最適ともされています。
軽快でスムースな口あたりが魅力です。


6月 17 2022

桜尾シングルモルトジャパニーズウイスキー(SAKURAO SINGLE MALT JAPANESE WHISKY)

世界遺産・宮島の対岸にある、広島県廿日市市桜尾に誕生した「SAKURAO DISTILLERY」

こだわりの広島県産原料を使用した純国産クラフトジンや、シングルモルトウイスキーをつくる、瀬戸内海の海辺に位置する蒸留所です。

蒸留所内の桜尾貯蔵庫には、海からの暖かい風と山からの冷たい風が届き、一年の中で大きな気温差を生み出します。

その気温差が、ウイスキーの熟成を早め
また海側に位置する貯蔵庫ゆえ、瀬戸内の穏やかな潮の香りを熟成樽にほのかにまとうのも特徴です。


6月 11 2022

ラムJ.M シングルカスク(Rhum J.M Single Cask)

国際大会で多数の受賞歴をもち、ペレ火山の斜面に位置するラムJ.M蒸留所
使用するさとうきびは自社畑産100%、買い付けた樽をリチャーしてから熟成させるため
バーボン樽由来のエレガントなバニラ風味が印象的。24時間空調管理された中での熟成のため、非常に複雑で長い余韻が楽しめる、ラムのイメージを覆すような1本。


モルトウイスキー好き、シガーと合わせたい方に特におすすめです。


6月 5 2022

福岡県産 桃

福岡県で栽培されている桃は、ハウス栽培から露地栽培まであり、5月から8月中旬まで味わえます。ハウスで栽培されたももは品質が良く、紅色の外観ともも特有の香りは食欲を刺激します。露地栽培では陽の光を十分に浴びてさらにおいしさを増し、果肉は柔らかく多汁質で、上品な甘さが味わえます。


5月 28 2022

サンティアゴ・デ・クーバ 12年(Santiago de Cuba 12 Years Old)

かつてのキューバの首都で、キューバ・ラム発祥の地名を名に冠するサンティアゴ・デ・クーバは、バカルディやロン・サカパなどを排出した名門蒸留所のマイスターが造り上げたブランド。レシピはトップシークレットとなっていますが、厳選されたサトウキ ビを使用しつくられます。

12年は、円熟味を持ち濃醇な香りのプレミアム・ラム。
この適度な熟成感と甘さとのバランスは他ではなかなか味わえません。


5月 15 2022

トロワリビエール キュヴェ・デュ・ムーラン(TROIS RIVIERES CUvée Du Moulin)

カリブ海に浮かぶマルティニーク島はフランスの海外県にあたります。その島の南部、海岸沿いを走る道沿いにトロワ・リビエール蒸留所は建っています。トロワ・リビエールとはフランス語で「3本の川」を意味し、自社農園の中を流れる3本の川に由来しています。通常のラムと異なり、フランスのAOCで規定されたアグリコール製法(サトウキビから絞られた糖液を発酵して蒸留する製法)で作られるそのラムは、比類なき柔らかな芳香と味わいを持ち、マルティニーク島で最も人気の高いブランドの一つです。


トロワ・リビエール キュヴェ・デュ・ムーランは
アメリカンオークとフレンチオーク2 種類の樽で 3 年以上熟成した原酒をブレンドしています。


5月 8 2022

宮崎産 完熟マンゴー

宮崎マンゴーは冬でも15度以下には下げないようにする加温ハウス栽培です。完熟してくると果実1個ずつにネットをかぶせていき
ネットの中に自然に落下するのを待ちます。

自然に落ちるまで待つことで甘みは増し、色は濃く、香りも強く華やかに。これが「完熟マンゴー」と呼ばれるものです。

旬は4月の中旬~7月にかけてで、ピークは6月頃になります。今がまさに食べごろです。